Search
Categories
Articles
Rainmeter関連
ファイル置き場
お知り合いなど

スポンサーサイト

--.--.-- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Rainmeter] Rainmeter 2.3

2012.06.28 | Rainmeter

6 Comments

Rainmeter 2.3 正式版(最終版と呼んだほうがいいのかな?)がリリースされました。具体的な変更点はリリースノート(英語)を見てください。挙動に関する変更点は前回の記事にて触れていますので、そちらも参考にどうぞ。

2.3 における重要な変更点として、ディレクトリ構成の変更があるので、それについて書いておきます。これは標準インストールの場合のみ影響を受けます。

1つ目。アドオンのディレクトリが "Program Files\Rainmeter\Addons\" から "%APPDATA%\Rainmeter\Addons\" になりました。
2つ目。標準添付でないプラグイン(主にスキン製作者が添付したプラグイン)のディレクトリが "Program Files\Rainmeter\Plugins\" から "%APPDATA%\Rainmeter\Plugins\" になりました。優先順位は "Program Files" 配下にあるプラグインほうが高いです。

この変更によって、.rmskin なスキンパッケージを SkinInstaller を使ってインストールする際に、アドオンや添付プラグインをUAC対象である "Program Files" 配下へとインストールする必要がなくなったため、管理者権限を必要としなくなりました。管理者権限絡みで問題のあった環境では有効な変更だと思います。上にも書いたように、これは標準インストールで使っている場合で、昔ながらのポータブルインストール状態で使っている場合は今まで通りのディレクトリ構成でそのまま使えます。

 

スキン制作に関する部分でも、ディレクトリ構成の変更がありました。新たに "@Resources" という特別なディレクトリが定義されました。場所は "#ROOTCONFIGPATH#@Resources\" になります(標準スキンの Illustro の場合だと、 Illustro\@Resources)。
このディレクトリはスキン探索の対象外になるので、画像ファイルやインクルードファイル、Luaスクリプトなどをまとめて入れておくと、スキン探索の処理が若干軽減できます。逆に言うと、ここにスキンファイル(.ini)を置いてしまうと Rainmeter が認識できないので、絶対に置かないでください。
@Resources ディレクトリへのパスは #@# という変数に入ってますので、パスを指定する際には #ROOTCONFIGPATH# を使わずに ImageName=#@#Images\Image.jpg のようにしたほうが短く書けます。

また、"@Resources\Fonts\" に置かれているフォントは自動で読み込まれるので、LocalFont=の指定なしに使えるようになります。

 

いろいろと仕様が変わっていってるんですけど、最近はどう変わっていってるのか、どう変えていくのかがあまり追えていないので(いきなり実装されたりするので)、若干不安になることもあるといえばありますが、使いやすく(わかりやすく)変更されていくのであればいいかなと思っています。

« [Rainmeter] Rainmeter 2.4 [Rainmeter] Rainmeter 2.3 におけるスキン動作の変更点 »

- Comments
6 Comments

はじめまして^^

Rainmeterのことが詳しく書かれていたので、お聞きしたい
ことがありお邪魔致しました。

Nowplayingはご存じのことと思いますが、現在Loitaスキン
をアレンジして使用しています。ここ最近になり、コマンド
の追加にシャッフルを入れ(LeftMouseUpAction=)、うまく
機能もしています。 使っていくうちに現在シャッフルなの
かどうか目視で判断出来たら便利ではないかと思うように
なってきたのですが、

例えばですが

マウスアクション

押す→ボタンが他の色に変化&シャッフル作動

次押す→ボタンの色が戻る&シャッフル切る

というのは実際できますでしょうか?
現在シャッフルのボタンはimageではなく、Webdingsフォント
の適当なものを利用しています。
imageであればImagetint= の利用もありかと考えました。

いまこのような状態です。
[Shuffle]
Meter=string
MeasureName=mShuffle
x=15r
y=125
MeterStyle=Format
FontFace=Webdings
FontSize=11
FontColor=#ColorVol#
Text=~
AntiAlias=1
LeftMouseUpAction=[!CommandMeasure "mPlayer" "SetShuffle -1"][!Update]


どう対処してよいものか全く道筋が見えず今回、質問させて
いただきました。 ご教示の程よろしくお願いします。

by たろさん | 07 20, 2012 - URL [ edit ]

こんにちは。
NowPlayingや音楽プレーヤー用のスキンは使ったことがなくて、参考になるかはわかりませんが、foobar2000でチェックしてみたコードを書いておきますね。
(foobar2000でも何故かShuffleのtoggleが効かなかったので、実際に上手く動作するかはわかりません)

画像ではなくフォントカラーでの変更例ですが、方法としては、mShuffleの値に応じて、IfActionを使ってShuffleのFontColorを変更してやります。変更は!SetOptionを使います。

-----
[Variables]
ColorShuffleOff=FFFFFFA0
ColorShuffleOn=FFFFFFFF

[mShuffle]
Measure=Plugin
Plugin=NowPlaying.dll
PlayerName=[mPlayer]
PlayerType=SHUFFLE
IfBelowValue=1
IfBelowAction=[!SetOption Shuffle FontColor #ColorShuffleOff#][!UpdateMeter Shuffle][!Redraw]
IfAboveValue=0
IfAboveAction=[!SetOption Shuffle FontColor #ColorShuffleOn#][!UpdateMeter Shuffle][!Redraw]

[Shuffle]
Meter=string
MeasureName=mShuffle
x=15r
y=125
MeterStyle=Format
FontFace=Webdings
FontSize=11
FontColor=#ColorShuffleOff#
Text=~
AntiAlias=1
LeftMouseUpAction=[!CommandMeasure "mPlayer" "SetShuffle -1"][!UpdateMeasure mShuffle]
-----

こんな感じでどうでしょうか?
画像でImageTint=を使う場合でも、たぶん同じように!SetOptionで変えられると思います。

by furu (spx) | 07 20, 2012 - URL [ edit ]

追記として、[Stop]などと同様にBUTTONを使って、On/Offでそれぞれ別の画像を用意するのであれば、!SetOptionでButtonImageをそれぞれの画像ファイル名に書き換えれば、変更可能かもしれません。

by furu (spx) | 07 20, 2012 - URL [ edit ]

こんなに早く返答頂いてありがとうございます。

IfBelowAction=[!SetOption…
はじめて拝見しました。このような方法があったのですね。
でもまだこのような記述が出来るほどの腕もないですが><

上記の記述で試したところ私の思っていた理想の形に
なりました。 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


ところで、もう一点気になることがあるのですが。
Rainmeter2.3.3(以下R)になり友人のデスクトップ
もRで飾ってあげました。
2.3.2の時、自分(Vista64bit)のRの管理→ログを見た際、

WebParser.dll(1493)証明書のホスト名は無効か一致しません(ErrorCode=12038)

のエラーが4、5分おきに出るようになりました。
友人(Win7)に私のRと同じスキン・テーマなど構成を
そのままコピーして表示させたところ上記のログの
エラーは一切出てきませんでした。

たいさんの記述されてるディレクトリ構成のプラグインの
場所が関係?とも思ったのですが(フォルダを作ってみま
した)エラーは出たままでした。
そして、一度アンインストールして再度Rの入れ直しを
しましたが、App以下のThemaの場所にAddonとPluginの
フォルダの構成もありませんでした。

ログを見るたびにいつも気になっていまして、この原因が
なにかお分かりになりますでしょうか?

by たろさん | 07 20, 2012 - URL [ edit ]

動作してよかったです。
WebParserの件については、エラー番号で検索してみると、実際に接続しようとしているホスト名(https://www.example.com/ なら www.example.com の部分)と、サーバ証明書に定義されているホスト名が違うときに出るようですが、別の環境で同じものを動かして出ないとなると、ちょっとわかりません。
WebParserは内部的にはWinInetというWindowsが用意しているAPIを通してサーバと通信しているのですが、これがIEのバージョン/設定によって動作が変わってしまうので、そのあたりに理由があるのかもしれません。

もしRainmeterの別バージョンでは同じURLに対して同じエラーが出ないのであれば、何らかのバグが混入した可能性もあります。

by furu (spx) | 07 20, 2012 - URL [ edit ]

なるほどそうでしたか。

別環境では間違いなくログエラーが出ていないことは確認
しましたし、新バージョン、ひとつ前のバージョンでエラー
の確認をしていますので、どこかでなにかあるのでしょうね。 詳しい方に説明頂いたのですこしスッとしました^^

本日はどうも有難うございました。
またがんばって色々弄ってみようとおもいます。

by たろさん | 07 20, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。