Search
Categories
Articles
Rainmeter関連
ファイル置き場
お知り合いなど

スポンサーサイト

--.--.-- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Rainmeter] Rainmeter 3.0

2013.10.31 | Rainmeter

6 Comments

Rainmeter 3.0 がリリースされました。詳細はリリースノート(英語)を見てください。
3.0 は内部的に大幅な変更があったため、バグフィックスを含む細々としたマイナーリリースが続いています。2013.10.31 時点では 3.0.2 が最新です。3.0 を使うのであれば、できるだけ最新版を使用してください。

2.5 から 3.0 になって大きく変わったのは、フォントレンダリングに Direct2D が使用されるようになった点です(要 Windows 7 プラットフォームアップデート以降)。これまでのGDI+ レンダリングではなく、デフォルトで D2D レンダリングが使われます。

font-render

上がこれまでの GDI+ レンダリング、下が D2D レンダリングです。人によって感じ方が違うので細かくは書きませんが、個人的には GDI+ のぼやけた感じからすると、D2D はクッキリしているなという印象です。若干ジャギーが目立ちますが。

D2D がデフォルトになったことで、環境によっては見え方が違ってしまうことがあり、内部の描画微調整を経て、改善はされてきていますが、まだまだ描画互換性は低いままとなっています。特に日本語フォントについてはまだまだ感があるようですので、出来る限り公式フォーラムに画像などと共に状況を投稿して頂ければと思います(私には調整できませんので)。

もし D2D レンダリングが気に入らない、描画が崩れる、といった状況であれば、設定でこれまでの GDI+ レンダリングに戻すことができます。メニューから管理ツールを開き、設定タブにある "D2D レンダリングを使用する" のチェックを外してください。スキン単位でも、スキンのメニューから設定を辿り、同名のメニュー項目で同様の切り替えができます。

あと、Direct2D は Vista 以降なら対応しているはずですが、Rainmeter では Windows 7 のプラットフォームアップデートを適用した環境、または Windows 8 以降が対応環境となっています。対応環境以外では、デフォルトで今までの GDI+ レンダリングで処理されます。

 

フォントレンダリング以外のアップデートとしては、WebParser プラグインが DynamicVariables に対応した点でしょうか。使い方がこれまでの DynamicVariables の作法と若干違っているので、詳細はマニュアル(英語)を見てください。

便利なアップデートとしては、Meter に Padding オプションが追加されたことと、Measure の一時停止関連 Bang の追加を挙げておきます。!PauseMeasure に関しては、!DisableMeasure と何が違うかというと、disable はそうなったときに値を返さない(0または空文字)のに対し、pause は最新の更新値を返すという違いがあります。毎回更新する必要はないし、必要になるまでは止めておきたいといった用途に使えます。

 

しばらくは D2D 関連のフィックスが続きそう……かな?

« [OpenTween] サムネイル画像を拡大して表示したい (OpenTween Advent Calendar 2014 7日目) [Rainmeter] Rainmeter 2.5 »

- Comments
6 Comments

ごぶさたしております。

以前、RainmeterのMusicシャッフル記述について質問した者です。 あの後無事に作動してましてその節はお世話になりました。

ところで、ひとつお聞きしたい事がありコメしました。

今、illustroスキンのGoogle検索を使おうと考えているのですが、まずはそれをYahooにしようと自分なりに作業を進めてみましたが、あえなく失敗でした。

単純にCommand1=!Executeを
["http://search.yahoo.co.jp/search?p=$UserInput$"]でとタカをくくっていたのですが、どうもurlエンコードをしないと日本語での検索が出来ないとの事で、完全に行き詰ってしまいました。

よくRSSなどの文字化けの時はCodepage=932(SJIS?)を加えれば対処出来たりするんですが、検索窓にはEUC-JPのコードしか反応しなかったようで、そのあたりも?です。


illustroの検索で日本語を(出来ればヤフーで)使えるようにするにはどのようにすればいいのかご教示お願いできればと思います。

お時間ある時で結構ですので、宜しくお願いします。

by たろさん | 12 19, 2013 - URL [ edit ]

試してみたところ、こちらでは問題なく検索できたので、環境依存かもしれません。
(Windows7 で Firefox が既定ブラウザになってます)

URLエンコードに関してはオプションを用意していないため、やるとすればluaでエンコードしてから実行するようなスクリプトを書くとかですかね……。!CommandMeasureで関数を呼び出して、measureInputから入力文字列をGetMeasure()/GetValue()で取り出し→エンコード→yahoo検索のURLにくっつけて実行する、とか。このあたりはあまり触ったことがないのでアドバイスが難しいです。
http://docs.rainmeter.net/manual/lua-scripting#CommandMeasure

by furu (spx) | 12 19, 2013 - URL [ edit ]

よくよく考えてみれば文字コード変換なども絡んでくるし、そもそもlua自体がまともにunicodeを扱えなかったはずなので、論外でした。
現時点ではちょっと思いつきませんね……。お力になれずすみません。

by furu (spx) | 12 19, 2013 - URL [ edit ]

早速ありがとうございます。

ん~、やはり無理っぽい感じですか…
こちらはVistaのIE使用なんですが、さっぱりです^^;

もう少し色々と調べてみようと思います。

いつもありがとうございます。 ではでは

by たろさん | 12 19, 2013 - URL [ edit ]

Luaといろいろ戯れてみた結果、Rainmeter 3.0以降であれば、luaスクリプトのエンコードをUTF-16にすることで内部UTF-8エンコードとして扱えるようなので、URLエンコードの方法を参考にしつつ組んでみました。SkyDriveにスキンを置いたので、ダウンロードしてYahooフォルダをillustroの中へ置いてください。
https://skydrive.live.com/redir?resid=8CE9E4300BABCFDE%21172

Rainmeter本体がUTF-16で持ってる文字列をluaへ渡す際にUTF-8へ自動変換後、それをURLエンコードし、パラメータに ei=UTF-8 を付加して検索します。たぶんこれで動くと思います。細かいことはスキンの中身を見てください。

by furu (spx) | 12 19, 2013 - URL [ edit ]

おぉぉぉぉ。 ありがとうございます!

無事検索ができるようになりました。
自分のillustroが少し古いものだったらしく、ファイルを見比べて少々困惑してしまいましたが、新しいillustroに入れ替えてみたところ上手く作動となりました。

エンコードの方法は何となくつかめましたが、そのプログラムを組み立てるまでには至りません;;
また改めてプログラムを見直してみようと思います。

今日は本当にありがとうございました。

by たろさん | 12 19, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。