Search
Categories
Articles
Rainmeter関連
ファイル置き場
お知り合いなど

スポンサーサイト

--.--.-- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ForceWareの自分用設定

2006.07.24 | PC関連

0 Comments

未だに80台ドライバを使い続けている自分自身の調整用に。
ですので、万人向けではありません。

以下、WinXP+FW84.43で動作確認。

***

■テレビ出力のサイズ調整(デバイス調整を保存されるようにする)
デバイス調整でサイズ調整をしても戻ってしまう場合、以下のレジストリエントリをいじることで保存される。

○該当キー

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Video\{XXXX}\0000

 ※キーの位置はOSによって若干違うらしい?
 ※{XXXX}にはGUIDが入る。{XXXX}\Video にある「Service」エントリの値が、「nv」のものが該当。
 ※HKEY_LOCAL_MACHINE\HARDWARE\DEVICEMAP\VIDEO\Device\Video0  にGUIDが記載されているらしい?

○調整するエントリ

NV36ZORAN.525@60Hz.videoborder
 (エントリがなければ REG_BINARY で作成)  → 「00 00 00 00」から「01 00 00 00」へ変更。

"NV36ZORAN.525@60Hz.videoborder"=hex:01,00,00,00

○ついでに他のエントリも

"NV36ZORAN.525@60Hz.hue"=hex:00,00,00,00
"NV36ZORAN.525@60Hz.contrast"=hex:00,00,00,00
"NV36ZORAN.525@60Hz.brightness"=hex:00,00,00,00
"NV36ZORAN.525@60Hz.saturation"=hex:a6,00,00,00
"NV36ZORAN.525@60Hz.overscan"=hex:0b,00,00,00
"NV36ZORAN.525@60Hz.0800x0600.flickerfilter"=hex:2b,00,00,00
"NV36ZORAN.525@60Hz.0800x0600.xoffset"=hex:01,00,00,00
"NV36ZORAN.525@60Hz.0800x0600.yoffset"=hex:02,00,00,00
"NV36ZORAN.525@60Hz.0720x0480.flickerfilter"=hex:2b,00,00,00
"NV36ZORAN.525@60Hz.0720x0480.xoffset"=hex:00,00,00,00
"NV36ZORAN.525@60Hz.0720x0480.yoffset"=hex:01,00,00,00

○ついでにYC伸張も

"VMRCCCSStatus"=dword:00000003

※値が1のとき: standard:YUV 0-255
※値が3のとき: extended:YUV 16-235

***

■自分用プライマリディスプレイ側(デスクトップ)設定

○コントラストがデフォルト100%の場合

ビデオオーバーレイ設定:
 ・色相 0%
 ・彩度 100%

カラー補正(オーバーレイ/VMR):
 ・明るさ 120%
 ・コントラスト 100%

○コントラストがデフォルト90%の場合

ビデオオーバーレイ設定:
 ・色相 2%
 ・彩度 98%

カラー補正(オーバーレイ/VMR):
 ・明るさ 122%
 ・コントラスト 107%

■自分用セカンダリディスプレイ側(テレビ/S端子出力)設定

解像度の変更:
 ・物理モードのパン解像度のみを表示する にチェック
 ・画面解像度 800 x 600

カラー補正(デスクトップ):
・デジタル バイブランス 低 3pt
・ガンマ 0.75

カラー補正(フルスクリーンビデオ):
・デジタル バイブランス 低 3pt
・ガンマ 0.89

画面調整(デバイスの調整/TV出力):
 ・フィルタのフリッカ ゲージ左から1/4程度
 ・画面の位置調整 画面がはみ出さないように拡大(or縮小)

スポンサーサイト

ポートの予約

2006.07.15 | PC関連

0 Comments

下の記事のタイトルだと機械翻訳すぎてよくわかりませんが、ようは一時ポートとして使わせたくないポートの予約方法です。

***

Windows TCP/IP の短命で、予約され、ブロックされたポートの動作

ポートの予約により、アプリケーションはワイルドカード バインド中にポートの範囲が割り当てられることを防ぐことができます。しかし、ポートの範囲を予約しても、アプリケーションが予約された範囲内で特定のバインド (特定のポートの使用についてのリクエスト) を実行することを防ぎません。
ポートの範囲を予約する時、1025 から MaxUserPort 設定の値 (既定で 5000) または 49152 から 65535 までの連続的な範囲のポート番号を選択する必要があります。

1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、regedit.exeと入力し、次に [OK] をクリックします。
2. 次のレジストリ サブキーを見つけ、クリックします。
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
3. [編集] メニューで、[New] をポイントし、次に [複数行文字列値] をクリックします。
4. ReservedPorts と入力し、次に ENTER を押します。
5. ReservedPorts 値をダブルクリックし、構文: x-y を使用してポートの範囲を入力します。
  単一のポートを指定するためには、x および y について同じ値を使用します。
  たとえば、ポート 4000 を指定するためには、4000-4000 と入力します。
6. [OK] をクリックします。
7. レジストリ エディタを終了します。

参考: 登録済みポートを一時ポートとして使用させない方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。