Search
Categories
Articles
Rainmeter関連
ファイル置き場
お知り合いなど

スポンサーサイト

--.--.-- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Rainmeter-dev] マルチモニタ対応

2009.12.17 | Rainmeter-dev // Issue/マルチモニタ関連

4 Comments

Rainmeter0.14.1で追加されたマルチモニタ対応についてのまとめです。
私的なまとめですので、公開されているビルドに反映されているものではありません。ご注意ください。

■更新履歴 (※更新のたびに、たぶん一番上にあがってきます)
- 2009.09.28 : WindowToScreen関数からexit関数を追い出す(MyInfoEnumProc関数の修正)
- 2009.10.07 : マルチモニタ環境でのモニタ順序と、座標や作業領域の取り扱い
- 2009.10.20 : Negative coordinatesの扱いと、上の件で間違ってたと思われるところを補足
- 2009.10.23 - 27 : (EnumDisplayMonitors APIでの)モニタの順序ってアテにならないのね…… → 別の方法を模索
- 2009.11.02 : これまでの変更に対応するために、WindowToScreen関数を修正して、一旦終わり
- 2009.11.11 : !RainmeterMoveをマルチモニタ対応にする
- 2009.11.15 : ユーザー切り替え時にEnumDisplayDevices APIが失敗してクラッシュを引き起こすことがある問題を修正

- 2009.12.17 : これまでの成果のほか、ディスプレイセレクタ機能などを追加したマルチモニタ対応コードを本家にコミットしました (r317)
 ※ マルチモニタ環境でウィンドウの挙動がおかしくなる場合には、こちらのテスト用DLL(Rainmeter-1.1用)を使ってみてください。いくつかの環境で症状の改善を確認しています。(ディスプレイセレクタ機能はついていません)

以下、続きに格納。

続きを読む »

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。