Search
Categories
Articles
Rainmeter関連
ファイル置き場
お知り合いなど

スポンサーサイト

--.--.-- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Rainmeter] スキン作成時に気をつけてること #2

2011.07.08 | Rainmeter

0 Comments

前回の記事に追記しようと思ったら、どうやらPC環境移行してからLive Writerがご機嫌ななめでちゃんと上書き投稿できないみたいなので、分割することにしました。
引き続き、思いついた「やっておくといいかも~」な項目を挙げておきます。

 

0) betaといえども結構stableなので、beta版も使ってみよう

ベータ版というとあまり普段使いするものではないという印象がありますが、Rainmeterに関しては、むしろベータ版が一番安定してるんじゃないかという罠があったりなかったり。
実験目的のベータリリースはそんなになくて、実際にはほとんどがバグフィックスや処理の改善なので、自分自身の中では最新安定版(マイナーリリース版?)という位置づけです(自分で使っているものも、最新のものに自分用の改造をマージして使っています)。一応互換性も維持されてますし、気になったらベータ版も使ってみてください。

2.1からは動作環境からWindows2000とXP無印/SP1が外されて、XP SP2以降が対象になります。

 

1) 更新の必要ないMeter=ImageやMeter=StringにはUpdateDivider=-1を指定する (※2.0以降)

内容が変わらない画像(ヒストグラムや時計の背景とか)やテキスト(ヘッダ文字とか?)はUpdate間隔での更新処理が必要ないことが多いので、UpdateDivider=-1をつけておくと負荷が減ります。この2つは使われる頻度もそれなりに高いので、効果もあると思います。

2) Pluginの指定はファイル名だけを指定する

Plugin=Plugin\WebParser.dll と書くと、必ず "Rainmeterのディレクトリ\Plugins\..\Plugins\WebParser.dll" という風に "..\" が付加されて扱われるので、Plugin=WebParser.dll とだけ指定しましょう。付加されたとしても同じパスを表すことには変わらないのですが、余計な処理が減ります。

 

以下はRainmeterを使う上でやっておくといいかも~な項目です。

1) Rainmeter.ini内の無駄なエントリは削除する (※2.1未満が対象)

前回の記事を書いたときにはあまり効果ないと思っていましたが、実際に処理時間を計ってみると、エントリ数が多ければ多いほど、あまり無視できないレベルの時間がかかってました。メモリの節約効果はほとんどありませんが、使っていないエントリを削除すると処理が省けるので、やっておいて損はないです。掃除の際は、今後使いそうもないものに限定して、くれぐれも注意して削除してください。一度削除すると、消した設定値は戻せませんので。

ちなみに、2.1では読み込み部に変更を加えたので、エントリを削除しなくても問題ないレベルの速さになりました。

« [Rainmeter-dev] 負荷を減らす取り組み #3 [Rainmeter] Rainmeter 2.0 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。