Search
Categories
Articles
Rainmeter関連
ファイル置き場
お知り合いなど

スポンサーサイト

--.--.-- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Visual C++ 2008 Express Editionで64bitアプリをビルドする

2009.10.27 | Programming

0 Comments

Visual C++ 2008 Express Edition And 64-Bit Targets ? Jens’ Blog

ここにあるVCE64BIT.zipを使えばExpress Editionでも64bitビルドができるようになるらしいので挑戦してみた。
Windows SDKを新たにインストールして、設定を変える必要があるみたいだけど、今回はその部分を大胆に端折ったので、当然ながら失敗!(Windows SDK for VistaのISOからVCProjectAMD64Platform.dllとそのconfigだけ抜き出して置いた)
x64は選べるんだけど、ビルドするとX86とX64の競合がどうたら~ってエラーが出て、いろいろ検索して載ってた対処法も試したけど無理だったので諦め。やっぱりWindows SDKのインストールは避けて通れないのね。

というわけで、Windows SDKを入れようかと思ったのだけれど、さてどれを入れればいいのか……。
Windows SDK for Vistaって、バージョンは6.2になってるけど(VC2008付属のは6.0A)、古いような。.NETも古いし。これを入れて大丈夫なんだろうか。
Rainmeterのビルドに影響が出てもあれだし、とりあえず中断。

Windows SDK for Windows 7(英語版)が出てるので、それを入れたらまた挑戦してみようかな。

2009.10.29 追記
Windows SDK for Windows 7を入れて再チャレンジしてみました。結果、ビルドはたぶんできました(Rainmeter-64bitで確認)。
たぶんというのは、実際に動かせる環境がなくてチェックしようがないから。

SDKを新たに入れることで、VCのフォルダにx64用のビルドツールが入るみたいですね。それさえ入れば、後は元から入ってるv6.0AのSDKを使う設定であってもビルドできるようになりました。v7.0も使ってみたいけど、とりあえずはv6.0Aでいこう。

« RivaTunerPlugin for Rainmeter Perfume Second Tour 2009 「直角二等辺三角形TOUR」 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。