Search
Categories
Articles
Rainmeter関連
ファイル置き場
お知り合いなど

スポンサーサイト

--.--.-- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Rainmeter-dev] ネットワークトラフィックの値がおかしい

2010.01.04 | Rainmeter-dev // Issue/ネットワーク関連

0 Comments

とりあえず、自分の環境でチェックした部分だけ。
デバイスマネージャの2つ目の表示は、事前に環境変数へ DEVMGR_SHOW_NONPRESENT_DEVICES = 1 と設定して、接続されていないものも表示するようにしてあります(薄く表示されているのがそれ)。

■Windows XPでの結果

デバイスマネージャでの認識 (1つ目が通常表示、2つ目が非表示デバイスも表示)

devmgr_xp_01 devmgr_xp_02

パフォーマンスモニタでの認識 (インスタンスの部分)

perfmon_xp

Rainmeterでの認識

DEBUG: (00:00:00.532) * NETWORK-INTERFACE: Count=2
DEBUG: (00:00:00.532) 1: Intel(R) PRO/100 S Desktop Adapter - Agnitum firewall miniport
DEBUG: (00:00:00.532) 2: MS TCP Loopback interface

Rainmeterでの認識 (上の詳細表示)

DEBUG: (00:00:00.188) * NETWORK-INTERFACE: Count=2
DEBUG: (00:00:00.188) 1: Intel(R) PRO/100 S Desktop Adapter - Agnitum firewall miniport
DEBUG: (00:00:00.188)   Type=Ethernet(6), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.188) 2: MS TCP Loopback interface
DEBUG: (00:00:00.188)   Type=Loopback(24), Stat=Operational(5)

どの結果を見ても、特に問題はなさそう。物理インタフェースのみが列挙され、論理インタフェースは列挙されない(ファイアウォールを入れているからか、デバイスマネージャでのドライバの見え方が違うのは仕方ないのかなぁ)。
この環境には存在しないけれど、もしかしたら、使っていたけど取り外された状態のインタフェースなんかも、Stat=Non-operationalとして列挙されるかもしれない。
("MS TCP Loopback interface"はその名の通りループバックインタフェースだけど、Rainmeterでは集計しないようにハードコーディングされている)

* * *

■Windows 7での結果

デバイスマネージャでの認識 (1つ目が通常表示、2つ目が非表示デバイスも表示)

devmgr_7_01 devmgr_7_02

パフォーマンスモニタでの認識 (インスタンスの部分)

perfmon_7

Rainmeterでの認識

DEBUG: (00:00:00.531) * NETWORK-INTERFACE: Count=20
DEBUG: (00:00:00.547) 1: WAN Miniport (IPv6)
DEBUG: (00:00:00.547) 2: WAN Miniport (Network Monitor)
DEBUG: (00:00:00.547) 3: AMD PCNET Family Ethernet Adapter (PCI) #2-QoS Packet Scheduler-0000
DEBUG: (00:00:00.547) 4: AMD PCNET Family Ethernet Adapter (PCI) #2-WFP LightWeight Filter-0000
DEBUG: (00:00:00.547) 5: WAN Miniport (IP)
DEBUG: (00:00:00.547) 6: WAN Miniport (IPv6)-QoS Packet Scheduler-0000
DEBUG: (00:00:00.547) 7: Intel(R) PRO/1000 MT Desktop Adapter
DEBUG: (00:00:00.547) 8: AMD PCNET Family Ethernet Adapter (PCI)
DEBUG: (00:00:00.547) 9: AMD PCNET Family Ethernet Adapter (PCI) #2
DEBUG: (00:00:00.547) 10: WAN Miniport (IP)-QoS Packet Scheduler-0000
DEBUG: (00:00:00.547) 11: WAN Miniport (Network Monitor)-QoS Packet Scheduler-0000
DEBUG: (00:00:00.547) 12: WAN Miniport (PPPOE)
DEBUG: (00:00:00.547) 13: RAS Async Adapter
DEBUG: (00:00:00.562) 14: Software Loopback Interface 1
DEBUG: (00:00:00.562) 15: WAN Miniport (SSTP)
DEBUG: (00:00:00.562) 16: WAN Miniport (IKEv2)
DEBUG: (00:00:00.562) 17: WAN Miniport (L2TP)
DEBUG: (00:00:00.562) 18: WAN Miniport (PPTP)
DEBUG: (00:00:00.562) 19: Microsoft ISATAP Adapter
DEBUG: (00:00:00.562) 20: Microsoft Teredo Tunneling Adapter

Rainmeterでの認識 (上の詳細表示)

DEBUG: (00:00:00.297) * NETWORK-INTERFACE: Count=20
DEBUG: (00:00:00.297) 1: WAN Miniport (IPv6)
DEBUG: (00:00:00.312)   Type=Ethernet(6), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.312) 2: WAN Miniport (Network Monitor)
DEBUG: (00:00:00.312)   Type=Ethernet(6), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.312) 3: AMD PCNET Family Ethernet Adapter (PCI) #2-QoS Packet Scheduler-0000
DEBUG: (00:00:00.312)   Type=Ethernet(6), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.312) 4: AMD PCNET Family Ethernet Adapter (PCI) #2-WFP LightWeight Filter-0000
DEBUG: (00:00:00.312)   Type=Ethernet(6), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.312) 5: WAN Miniport (IP)
DEBUG: (00:00:00.312)   Type=Ethernet(6), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.312) 6: WAN Miniport (IPv6)-QoS Packet Scheduler-0000
DEBUG: (00:00:00.312)   Type=Ethernet(6), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.312) 7: Intel(R) PRO/1000 MT Desktop Adapter
DEBUG: (00:00:00.312)   Type=Ethernet(6), Stat=Non-operational(0)
DEBUG: (00:00:00.312) 8: AMD PCNET Family Ethernet Adapter (PCI)
DEBUG: (00:00:00.312)   Type=Ethernet(6), Stat=Non-operational(0)
DEBUG: (00:00:00.312) 9: AMD PCNET Family Ethernet Adapter (PCI) #2
DEBUG: (00:00:00.312)   Type=Ethernet(6), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.312) 10: WAN Miniport (IP)-QoS Packet Scheduler-0000
DEBUG: (00:00:00.312)   Type=Ethernet(6), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.328) 11: WAN Miniport (Network Monitor)-QoS Packet Scheduler-0000
DEBUG: (00:00:00.328)   Type=Ethernet(6), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.328) 12: WAN Miniport (PPPOE)
DEBUG: (00:00:00.328)   Type=PPP(23), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.328) 13: RAS Async Adapter
DEBUG: (00:00:00.328)   Type=PPP(23), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.328) 14: Software Loopback Interface 1
DEBUG: (00:00:00.328)   Type=Loopback(24), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.328) 15: WAN Miniport (SSTP)
DEBUG: (00:00:00.328)   Type=Tunnel(131), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.328) 16: WAN Miniport (IKEv2)
DEBUG: (00:00:00.328)   Type=Tunnel(131), Stat=Non-operational(0)
DEBUG: (00:00:00.328) 17: WAN Miniport (L2TP)
DEBUG: (00:00:00.328)   Type=Tunnel(131), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.328) 18: WAN Miniport (PPTP)
DEBUG: (00:00:00.328)   Type=Tunnel(131), Stat=Operational(5)
DEBUG: (00:00:00.328) 19: Microsoft ISATAP Adapter
DEBUG: (00:00:00.328)   Type=Tunnel(131), Stat=Non-operational(0)
DEBUG: (00:00:00.328) 20: Microsoft Teredo Tunneling Adapter
DEBUG: (00:00:00.344)   Type=Tunnel(131), Stat=Non-operational(0)

どの結果もバラバラ。20個も認識されてればそりゃ値が大きくなってても不思議じゃない……。Rainmeterでの結果は、XP環境では物理インタフェースのみが列挙されていたけれど、Vista以降は論理インタフェースも列挙される仕様。細かく判断して振り分けるには、Vista以降に用意された新しいAPIを使う必要がありそう(上記のTypeとStatだけでは不要なものが多すぎる)。ただし、コードサンプルもあまりなくめんどくさい。

さて……この(Windows7の)結果の中で、"Interface=0"(全インタフェースの合計。デフォルト動作)としたときに、どれを含んで、どれを除外すべきでしょうか?
(デバイスマネージャで見えている "AMD PCNET Family Ethernet Adapter (PCI) #2" のみ?)

« [Rainmeter-dev] Rainmeter on Windows 2000 明けました »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。